時の化石

ブログ「時の化石」は、アート、ミュージック、ライフハックなどを中心に数々の楽しい話題を提供します。

散歩風景 東京都世田谷区瀬田〜神奈川県川崎市高津区 2021/05/23 (2)

どーも、ShinShaです。 今回は多摩川付近の散歩風景2回目記事です。 コースは世田区玉川〜神奈川県川崎市高津区。 今回は国道246号沿いに歩いて多摩川を渡ります。 モダンな都市に隣接して豊かな自然がある。 それがこの地域の魅力ですね。 春の多摩川の風景…

新型コロナウィルス 感染状況2021/05/25 引き続き日本各地が最悪に近い状況

どーも、ShinShaです。 10日ぶりに新型コロナ感染状況レポートを書きます。 最初に大阪はピークを抜け重症者、死者数はピークの70-80%。 とても嬉しいニュースです。 しかし、北海道、沖縄の入院者数、重症者が大阪と同レベルまで増加。 兵庫県の死者数は国…

散歩風景 東京都世田谷区瀬田〜神奈川県川崎市高津区 2021/05/23 (1)

どーも、SHinShaです。 久しぶりにゆっくり散歩に行ってきました。 コースは東京都世田谷区瀬田〜世田区玉川〜神奈川県川崎市高津区。 ほぼ国道246号沿いに歩いて県境を超えました。 今回はその散歩、第1回目の記事です。 このコースは歴史あり、モダンな商…

高田馬場、早稲田のランチの名店をご紹介です 

どーも、ShinShaです。 今日は、高田馬場、早稲田のランチの名店をご紹介します。 「軽食&ラーメン メルシー」 「とんかつ いちよし」 「カレー専門店ブラザー」 2021年5月に入ってからは、コロナ変異株ウィルスの流行で、お店に行くことを控えています。 …

斉藤和義『風の果てまで』 2015年リリースの最高傑作!

どーも、ShinShaです。 今日は斉藤和義『風の果てまで』の記事です。 「攻めていこーぜ」「さよならキャディラック」「傷口」 シンプルなロックンロールとエモーショナルな歌詞。 時々思い出しては聴く名盤です。 チャーリー・ドレイトンと作った気持ちよい…

大人の科学(5)ヒトとウィルスのただならぬ関係

どーも ShinShaです。 大人の科学5回目の記事はヒトとウィルスの関係がテーマです。 ウィルスは元々生物の遺伝子の一部が外に出たもの。 進化のためには、なくてはならない存在なのです。 ヒトとウィルスのただならぬ関係。 ヒトゲノム30億個のうち40%はウィ…

新型コロナウィルス ワクチンに関する情報210518

どーもShinShaです。 今日は新型コロナウィルスの最新ワクチン情報を記事にまとめました。 NHK報道によると今年9月までに1億2千万回分のワクチンが入ってくる。 本当にそうなれば、期待してなったので嬉しい誤算。 現在の日本は、まだ世界平均の接種回数の1/…

ビリージョエル 『ビリー・ザ・ベスト』 名曲「ピアノマン」「ニューヨークの想い」「素顔のままで」... なつかしい日々がよみがえる 

どーも、ShinShaです。 今日はビリージョエルのベストアルバムの記事です。 このアルバムは名曲が多すぎて何から聴こうか迷ってしまいます。 「ピアノマン」「ニューヨークの想い」「素顔のままで」... メロディもボーカルもいいけど歌詞がいいんです。 ビリ…

新型コロナウィルス 感染状況210514 大阪はまだ最悪のピークの中。福岡・北海道、日本中要注意です。

どーも、ShinShaです。 10日ぶりに新型コロナ関連記事を書きます。 最近のニュースは全国各地の厳しい状況を伝えており、データを調べたいと思ったのです。 大阪はまだ感染のピークにあり死者が急増しています。 その他の地域では、福岡県、北海道、愛知県な…

大人の科学(4) ウィルスとは何か

どーも、ShinShaです。 大人の科学4回目はウィルスに関する記事です。 新型コロナウィルスの世界の感染者は1億6000万人、死者347万人 。 ウィルスはタンパク質の殻の中にRNA(DNA)が入っているだけ。 呼吸もしないし自分で増殖もしない。 そんなモノがなぜ…

井上陽水『招待状のないショー』1975年 長年のファンが選ぶ名盤です

どーも、ShinShaです。 今回は僕の愛聴版『招待状のないショー』の記事です。 このアルバムは発売以来、40年以上時々聴く作品です。 ファンの中では本作をベスト3に選ぶ人も多い。 名曲が多いのです。 「結詞」「青空ひとりきり」「招待状のないショー」...…

伊集院静『ひとりを楽しむ 大人の流儀10』 敬愛する伊集院さんがお元気で良かった!

どーも、ShinShaです。 昨年1月、くも膜下出血で緊急入院された伊集院静さんの最新エッセイの記事です。 変わらずお元気で前向きな文を書かれておりひと安心。 素晴らしいエッセイに感無量でした。 何度も彼の文章に叱られ、励まされてきたなぁ。 最後の無頼…