時の化石

ブログ「時の化石」は、アート、ミュージック、ライフハックなどを中心に数々の楽しい話題を提供します。

ボブ・ディラン『欲望』(Desire)1976年。プロテストソング「ハリケーン」。宝石のように美しい曲「サラ」。ミステリアスな名アルバム。

どーも、ShinShaです。

今日も暑い日でした。通勤で、結構、汗かきました。しかし良い風が吹いてきたので、気分は上がってます。ダメ人間でも、真面目に努力すれば、報われることもある。

今日は、久しぶりにミュージックの記事を書きます。ボブ・ディラン1976年『欲望』。このアルバムは、本当に素晴らしいのです。いわゆるロックではなく、ラテン風でもあり、中近東風の曲もあり、かなりエスニックなミステリアスなアルバムなのです。そして、僕の大好きな美しい曲が、何曲も入っています。

アルバムレーコーディングのエピソード

この項では、当時のディランについて、調べて書こうと思ったのですが。このアルバムのレコーディングのエピソードが、あまりに面白いので、ご紹介します。

ここからは、wikipediaを参照しますね。

このアルバム制作のため、ボブ・ディランはニューヨークにいたミュージシャンに片っ端から声をかけて、スタジオにつれていった。 エリック・クラプトンの証言によると、スタジオは人であふれかえり、大混乱だった。

結局、有名どころは参加を見合わせ、残ったメンバーは、デビュー間もないエミルウ・ハリス以外はすべて無名ミュージシャンばかりになった。

「ディランのレコーディングには楽譜もリードシートもない。キーはおろか、曲名さえ知らされない。それで私達はディランがおもむろにギターを弾き歌い始めると、彼の手元と唇の動きに最大限の注意を払い、合わせていかなければならない。なぜならそれが後にも先にも一回きりのレコーディングになるかもしれないからだ。」

興味深いエピソードですね。ディランは、吟遊詩人のようです。となると、このアルバムほとんど、即興というか、ジャムセッションで作ったようなものだ。しかし、昨日から、このアルバム繰り返し聴いてますけど、本当に素晴らしいです。

f:id:tokinokaseki:20201021141334j:plain
"Bob Dylan" by badosa is licensed under CC BY 2.0

ボブ・ディラン『欲望』(Desire)1976年

\01. ハリケーン - Hurricane 02. イシス - Isis 03. モザンビーク - Mozambique 04. コーヒーもう一杯 - One More Cup of Coffee (Valley Below) 05. オー,シスター - Oh, Sister 06. ジョーイー - Joey 07. ドゥランゴのロマンス - Romance in Durango 08. ブラック・ダイアモンド湾 - Black Diamond Bay 09. サラ - Sara

f:id:tokinokaseki:20200821213347j:plain
ボブ・ディラン『欲望』(Desire)1976年

このアルバム。『欲望』(Desire)は、1976年にリリースされたディランのアルバム。ビルボードでは、5週連続1位となったベスト・セラー、アルバムです。このアルバムの前が『血の轍』Blood on the Tracks1975年、そして後が『ストリートリーガル』Street Legal 1978年。アルバムのテイスト、ミュージックにも連続性がありません。何というかこのアルバムだけが不思議なテイストがあるんですよね。そういう意味でもこのアルバム超名盤です。

このアルバムでは、バイオリンプレイヤーScarlet Riveraが参加して、サウンド面では重要な役割を演じています。この当時のディランのお気に入りだったのでしょう。このアルバムのバンドは、有名なライブツアー、ローリング・サンダー・レビュー(Rolling Thunder Revue)にも、参加しており、ライブアルバムでも聴くことができます。どうも、netflixでは、ローリング・サンダー・レビューの映画も観られるようですね。近いうちに観たいです。

いつものように、何曲やら感想を書いてみます。

ハリケーン - Hurricane

アルバムの最初の曲は8分を超える、プロテストソング。

これは、冤罪をかけられた黒人ボクサー、ルービン・"ハリケーン"・カーターの無実を訴える歌だ(ハリケーンは、リングネーム)。1966年、あるバーで男女4名が銃撃される事件が起きた。ルービンに容疑がかけられ、終身刑を宣告された。しかし、これは人種的偏見に満ちた冤罪だった。

「これがハリケーンの物語 権力に罪を着せられ やってもいない罪で 独房に入れられた かっては世界チャンピオンになれたはずの男」。ディランの曲は美しく、詩は激しい。曲は、8分を超えて、事件の様子から、警察、裁判、証言者、陪審員、マスコミまでを鋭く糾弾する。そして、「正義がゲームになった、こんな国に住むのは恥だ 」とディランは歌う。なんという感動的な曲でしょう。

コーヒーもう一杯 One More Cup of Coffee

この曲は旅を描いた絵画のようです。コーヒーもう一杯 One More Cup of Coffee。曲のタイトルが、もう、素晴らしくカッコいい。

曲は、中近東音楽を思わせる、ミステリアスなメロディです。ディランがこのアルバムだけに用いた特別な表現。曲は、バイオリン、ベース、ギター、ドラムスの、シンプルでアコースティックなアレンジとなっています。素晴らしく美しい曲。

歌詞は「砂漠を行く旅人が、どこかの宿に逗留して、出発する前に、コーヒーを飲んでいる。」そんな物語のイメージです。降りていく「谷」は、死を連想させます。聖書、あるいはコーランの一節を書いたようなミステリアスな内容です。

歌詞の一部をご紹介します。素晴らしいとしかいいようがない。

Your sister sees the future

Like your mama and yourself.

You’ve never learned to read or write

There’s no books upon your shelf.

And your pleasure knows no limits

Your voice is like a meadowlark

But your heart is like an ocean

Mysterious and dark.

One more cup of coffee for the road,

One more cup of coffee ‘fore I go

To the valley below.


君の妹には未来が見える

母親も君も同じだ。

君は読み書きを知らず

棚には一冊の本もない。

君の欲望には際限がなく

声はヒバリのようだ。

だけど、君の心は海のように

ミステリアスで深い。

コーヒーをもう一杯 旅のために。

コーヒーをもう一杯 別れのために。

谷を下っていくのだ。

ShinSha 訳

サラ Sara

イントロのハーモニカが美しい。このハーモニカを聞いただけで、美しい曲に引き込まれていきます。この曲は、ハーモニカ、バイオリン、ベース、ドラムス、ギターによる、シンプルでアコースティックなアレンジです。

この曲は、ディランが妻サラに捧げたラブソング。リリカルな詞が美しいです。英語の詞ではきれいな韻を踏んでいます。やっぱりディランは、素晴らしいです。しかし、この後、ディランはサラとは結局別れるんですね。

歌詞の一部をご紹介しますね。興味がある人は読んでみてください。'know'、'storm'、'warm'、きれいな韻になっています。そして、涙がでるような美しい詞です。

How did I meet you? I don't know.
A messenger sent me in a tropical storm.
You were there in the winter, moonlight on the snow And on Lily Pond Lane when the weather was warm.

Sara, oh Sara,
Scorpio Sphinx in a calico dress,
Sara, Sara,
You must forgive me my unworthiness.

どのようにして君に出会ったか、僕にはわからない

メッセンジャーが、僕を熱帯の嵐に送り込んだ

君は冬には月明かりの雪の中にいて

暖かくなって、百合が咲く池の辺りにいた

サラ、おおサラ

更紗(さらさ)のドレスをまとった、蠍座のスフインクス

サラ、おおサラ

僕のふがいなさを許しておくれ

ShinSha 訳

動画コーナー

ハリケーン - Hurricane

www.youtube.com

コーヒーもう一杯 One More Cup of Coffee

www.youtube.com

サラ Sara

www.youtube.com

まとめ

はい、今日はボブ・ディランのアルバム『欲望』(Desire)1976年をご紹介しました。実は「サラ Sara」は、僕が大好きな曲なんです。

激しいプロテストソングから、旅を描いた絵画のような歌、そして美しいラブソング。素晴らしい作品です。このアルバムには、今回ご紹介できなかった良い曲がいっぱい入っています。よろしかったら、アルバム全てを聴いてみてください。

今日もこのブログを訪問いただき、ありがとうございました。
これからも、少し懐かしくて、美しい音楽の記事を書いていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
ShinSha

私もブログ村、60代部門にエントリーしました。
お手数ですが、一番下のバナーをプチッとクリックして頂くと大変嬉しいです 🙇‍♂️