時の化石

ブログ「時の化石」は、アート、ミュージック、ライフハックなどを中心に数々の楽しい話題を提供します。

伊勢正三『All Time Best』 「なごり雪」、「22歳の別れ」、「青い夏」  美しい歌たちの感動は今もさめない

どーも、ShinShaです。

101回目の記事は、伊勢正三さんのアルバムを紹介します。『All Time Best』は、彼の名曲が全て入っているアルバムです。あの懐かしい名曲もリマスタリングされているので音質は最高になっています。

僕は、伊勢さんの音楽をもう40年以上聴いています。彼は、本当に美しい曲を書くアーティストです。伊勢さんのライブには、ここ数年続けて行っています。今年は、コロナ禍でライブに行くことができず、とても残念。さて、このアルバムの、ライブ音源でも聴きますか。。。

伊勢正三さんについて

以前も書きましたが、このブログの名前『時の化石』は、彼のアルバム『メガロポリスの憂鬱』に入っている曲名を使わせて頂きました。 ボブ・ディラン や、ビートルズの曲名から、ブログの名前のヒントを探したのですが、なかなかイメージに合うものがなかったのです。今日は、恩返しのためにも、一所懸命にブログを書きます。

伊勢 正三(いせ しょうぞう、1951年11月13日 〜 )
シンガーソングライター。あだ名は正やん。
かぐや姫、風(かぜ)のメンバー。

1971年〜1975年 フォークグループ「かぐや姫」に参加し活動

1975年〜1979年 フォークヂュオ「風」に参加し活動

1979年〜      ソロ活動

かぐや姫」のメンバーは、南こうせつ山田パンダ伊勢正三の三人。代表曲は「神田川」、「赤ちょうちん」、「妹」、「なごり雪」、「賀茂の流れに」など。「神田川」はシングル盤 約200万枚という大ヒット。 第24回NHK紅白歌合戦から出演依頼を受けるが、歌詞の変更をめぐって出演拒否。

「風」のメンバーは伊勢正三と、大久保一久 代表曲は「22歳の別れ」、「あの唄はもう歌わないのですか」、「ささやかな人生」。 「22歳の別れ」はオリコンチャート1位となるヒットでした。

1979年以降ソロ活動に入り、最近では伊勢、太田裕美大野真澄の3人の「なごみーず、南こうせつとの新ユニット「ひめ風」としても、ライブ活動を行っている。

アルバム『All Time Best』

f:id:tokinokaseki:20201031181011j:plain
伊勢正三『All Time Best』CD(左)と写真付きライナーノート(右)

ALL TIME BEST ~Then & Now~

Disc1 (かぐや姫~風)

1.22才の別れ 2.なごり雪 3.アビーロードの街 4.置手紙 5.ペテン師 6.湘南夏 7.わかれ道 8.海岸通 9.でいどりーむ 10.男は明日はくためだけの靴を磨く 11.お前だけが 12.北国列車 13.忘れゆく歴史 14.暦の上では 15.ささやかなこの人生 16.3号線を左に折れ 17.通り雨 18.アフタヌーン通り25 19.地平線の見える街 20.君と歩いた青春

Disc2 (風~ソロ)

1.海風 2.ほおづえをつく女 3.夜汽車は南へ 4.月が射す夜 5.moonlight 6.渚ゆく 7.二人の周期 8.Sea Side Story 9.スモークドガラス越しの景色 10.僕と君の子午線 11.汐風 12.シャワールーム 13.さよならの到着便 14.有り得ない偶然 15.涙憶 16.雨の物語

Disc3 (ソロ)

1.ほんの短い夏 2.レミングの街 3.N.Y Movement 4.バルコニーの休日 5.NEVER 6.永遠のチャンネル 7.冬の地下鉄 8.堤防のある街 9.Bayside eyed soul  10.冬のソリスト 11.君はベージュ 12.さよなら以外に 13.あの頃の僕は 14.夜のFM 15.青い夏 16.なごり雪

Disc4 (THE LIVE “Then&Now)

1.Bye Bye (1980日本武道館) 2.ささやかなこの人生 (1980日本武道館) 3.海岸通 (1980日本武道館) 4.酔いしれた男がひとり (1980日本武道館) 5.夕凪 (1980日本武道館) 6.東京日暮れ色 (1980日本武道館) 7.MUSICIAN (1980日本武道館) 8.五月雨 (1980日本武道館)  9.想い出がつきない夜 (1980日本武道館) 10.冬京 (60th Anniversary live) 11.海風 (風ひとり旅LIVE) 12.星空 (風ひとり旅LIVE)  13.あの唄はもう唄わないのですか (風ひとり旅LIVE) 14.あいつ (風ひとり旅LIVE) 15.少しだけの荷物 (風ひとり旅LIVE) 16.曙 (風ひとり旅LIVE) 17.そんな暮らしの中で (1980日本武道館)

なぜこのアルバムがオススメなのか

このアルバムは、4枚組です。アルバムの構成は、Disc1 (かぐや姫~風)、Disc2 (風~ソロ)、Disc3 (ソロ)、Disc4 (THE LIVE “Then&Now)となっています。かぐや姫時代の名曲から、最新の名曲まで収録されています。懐かしい曲はリマスタリングされ、音質は非常に良いです。伊勢正三さんの名作が全部、入っているのですよ!

注目はDisc4 。1980年〜最近のすべて未発表のLIVE音源です。このディスクだけでも、アルバムを購入する価値があります。ライブの演奏では、彼の甘い歌とともに、優れたギタープレイを楽しむことができます。伊勢さんは、アコースティックギターの名手です。すばらしいプレイが聴けますよ。

f:id:tokinokaseki:20201031231714j:plain

いつまでも美しい歌たち

いつものように、アルバムから選何曲か感想やら解説を書こうと思うのですが、良い曲が多すぎて困ってしまいます。しかたない。なるべく有名な曲を選んで書くことにしましょう。

『22歳の別れ』

この曲は、伊勢正三さんの代表的な名曲です。どちらかといえば、女性ファンが好きな曲ですね。アコースティックギターのアレンジが美しいです。イントロ、間奏の伊勢さんのリードギターのプレイがすばらしい。

あなたに「さよなら」って言えるのは今日だけ
明日になって またあなたの暖い手に触れたら
きっと言えなくなってしまう
そんな気がして…
私には 鏡に映ったあなたの姿を 見つけられずに
私の目の前にあった幸せに すがりついてしまった

下の引用は、2018年6月「カルッツかわさき」での「ひめ風」のライブで、南こうせつさんが話していたことです。

かぐや姫」は「神田川」が大ヒットしたから、次に出すアルバムは売れることが分かっていた。リーダーの僕は、みんなに印税が入るように、平等に曲を作ることを提案した。そうやって、アルバム「三階建ての詩」を作った。

アルバムの録音は、どんどん進んでいったが、正やんの曲がいつまで経ってもできあがらない。もう、本当にぎりぎりのリミットで、 もってきたのが、『なごり雪』と『22歳の別れ』の2曲だった。あの瞬間から、一気にリーダの立場が危うくなった。(笑い)

伊勢さんは、わずか1-2ヶ月の期間で、 一生を暮らしていけるほどの名曲を2つも書き上げたのですね。 すごい才能です。

なごり雪

伊勢正三さんの代表的な楽曲です。この歌はイルカさんなど、いろいろなアーティストが歌っていますが、僕は、伊勢さんの歌が、一番好きです。伊勢さんの「なごり雪」は、アコースティックギターがメインの美しいアレンジです。そういえば、イルカ版の「なごり雪」は、松任谷正隆さんアレンジなんですね。

早春の恋人たちの別れの歌。別れの場所は、東京の鉄道駅のプラットフォームです。季節外れの雪が降っていた。学校を卒業して故郷に帰る彼女を見送る。「東京で見る雪は、これが最後だね」。

美しい歌詞です。この歌聞くと、学生の頃を思い出すのです。春は別れの季節。いくつかの青い春だった。。。何と切ない詞だろうか。
美しい曲と、この切なさは、もう何十年も消えない。

動き出した汽車の窓に顔をつけて

君は何か言おうとしている

君の唇が「さようなら」と動くことが

怖くて下を向いていた

f:id:tokinokaseki:20201031181109j:plain

引用:写真AC キイロイトリさん

『海風』

この曲は、アコースティックバンドが演奏する盛り上がる楽曲です。ダンサブルで、乗りが良い曲です。ボーカルも入っていますが、ほんの短い歌詞で、インストルメンタルに近い。
彼のアコースティックギターの、見せ場がいっぱいあります。アコギで、ここまでもやるかという演奏をしています。すばらしい。

『ほおづえをつく女』

伊勢さんは、なかなか、エレキギターを使わないのですが、この曲では、テレキャスターを弾いています。彼はアコースティックギターの名手ですが、エレキギターのプレイもすばらしいです。
エレキギター特有の長く伸びるフレーズを駆使して、エリッククラプトンのようなプレイをみせてくれる。この歌、カッコいいんですよ。今聴いてもぜんぜん古くなっていない。

「夜空の星が美しいのは ほんの少し光っているから」。このフレーズ、とてもよく分かります。男はひそやかで、秘めたものを求めたがる。女性の皆さん、そこがツボですよ。

数える間もなく 時は流れた 振り向きもせずに男は去った

慣れすぎた暮らしに女は甘えすぎて 男の心にまでほおづえをついてしまった

夜空の星がとても美しいのは

ほんの少し光っているから

『青い夏』

大好きな曲です。この曲は、1999年に「伊勢正三&山本潤子」でシングルが発売されたんですね。あの「赤い鳥」の山本順子さんです。彼女のクリアで伸びやかな歌に、この曲はすごくマッチしています。YouTubeで聴けますので、ぜひ検索してみてください。調べるとCDも、ダウンロード曲も、まだ売ってますね。

この曲の歌詞は素晴らしいなぁ。高校を卒業して、離れ離れになっていく二人が、黙って海辺を歩いていく。「好きなのに 離ればなれを ずっとうらんであげる」。伊勢さんは、よくこんな女性的な詞を書けるなぁ。

本当に美しい曲です。繰り返し聴いていたら、なんだか胸が締め付けられる。ため息も出てきた。いかん、ブログ書かなきゃ。

島の向こうに月が出るまで ここでまちましょう
もうこれ以上 話さないで
想いあふれて 別れましょうと切り出すのは・・・
・・明日でもいい

銀色に光る夜の海 小舟が波を曳く
穏やかな入り江 いつまでも・・・ 揺れる 心のようで

醒めてくれないの 夢はいつの日も

青い夏 風が近づく ミカンの白い花 好きなのに 離ればなれを ずっと うらんであげる

f:id:tokinokaseki:20201031181139j:plain

引用:写真AC AGE-STUDIOさん

『ささやかなこの人生』

さわやかな曲調の楽曲です。イントロのアコギのストロークエレキギターで気分は盛り上がっていきます。この曲は、伊勢さんが必ずライブの最後に歌う曲なのです。みんな立ち上がって、楽しかった1日を振り返り、明日への希望を歌う。

歌詞は、失恋を描いています。人は恋をして、傷つき、相手を傷つける。時は流れさり、振り返っても戻ることはない。この歌は失恋をなげく歌ではありません。人生にはいろんなことがあるけれども、悲しいことに囚われず、ささやかなこの人生を、続けていこうという希望の曲なのです。

花びらが散ったあとの桜が とても冷たくされるように
誰にも心の片隅に 見せたくはないものがあるよね
だけど人を愛したら 誰でも心のとびらを閉め忘れては
傷つきそして傷つけて
ひきかえすことの出来ない人生に気がつく

やさしかった恋人達よ ふり返るのはやめよう
時の流れを背中で感じて 夕焼けに涙すればいい

アルバム公式トレーラー www.youtube.com

オフィシャルサイトに、期間限定の新しい曲『入り江』が掲載されていました。故郷に向けて書いた美しい曲です。 www.youtube.com

Googleさんにストップされると困るので、公式の良い動画がないか探しました。GyAO!に無料動画あったのでリンク貼ります。YouTubeのように埋め込みができないので、ページが飛んでしまいますがお許しください。このサイト、すばらしいライブ演奏動画がUPされています。

gyao.yahoo.co.jp

あとがき

昨日から、久ぶりに、伊勢正三さんのアルバムを聴いています。このアルバムは、彼の音楽の集大成。ご紹介できなかった名曲が、山ほど収録されています。それから、ライブ音源も非常に魅力があります。

伊勢さんのライブに行って、よく感じるのですが、彼の音楽は鳴っている音すべてが、調和が取れて非常に美しいのです。作り込まれた懐かしい曲は、今聴いても素晴らしいです。歌もすばらしいですが、アレンジ、演奏、音楽のクオリティがとても高いのです。若い人にも、彼の音楽を聴いてもらえたら嬉しいですね。
そうそう、彼のニューアルバムの記事はこちらです。よろしければどうぞ。

www.fossiloftime.com

このところ、中島みゆき吉田拓郎伊勢正三と、大好きなJPOPアーティストの記事を立て続けに書いてしまいました。もう、残っているのは、あの人ぐらいかな。買い込んだ本が、結構たまってきています。次回は書評のブログになりそうです。

今日もこのブログを訪問いただき、ありがとうございました。
また、皆さんと会える日を楽しみにしています。
今後ともよろしく。

ShinSha

ブログ村、60代部門にエントリーしました。 お手数ですが、一番下のバナー⇩⇩⇩ をプチッとクリックして頂くと大変嬉しいです 🙇‍♂️