時の化石

ブログ「時の化石」は、アート、ミュージック、ライフハックなどを中心に数々の楽しい話題を提供します。

「伊勢正三 BIRTHDAY LIVE 2020」に行ってきました 久しぶりに参加した正やんのライブは最高でした

どーも、Shinshaです。

2020年11月14日、伊勢正三さんのBIRTHDAY LIVEに行ってきました。ライブへの参加も1年ぶりでした。彼の音楽はエモーショナルで美しく最高でした。音楽のすばらしさを心から楽しんできました。

オフィシャルサイトを見ますと、伊勢さんは今年2月からライブ開催を中止しています。そして、この11月から活動を再開しました。今年のBIRTHDAY LIVEはどうなるかと心配していましたが、何とか開催できて良かったですね。

伊勢正三さんのプロフィール

伊勢正三さんは、大好きなアーティストです。彼の創る音楽は美しく、そしてエモーショナルで、もう40年以上、彼の音楽に魅了され続けています。

伊勢 正三(いせ しょうぞう、1951年11月13日 〜 )
シンガーソングライター。あだ名は正やん。 かぐや姫、風(かぜ)のメンバー。

1971年〜1975年 フォークグループ「かぐや姫」に参加し活動

1975年〜1979年 フォークヂュオ「風」に参加し活動

1979年〜     ソロ活動

かぐや姫」のメンバーは、南こうせつ山田パンダ伊勢正三の三人。代表曲は「神田川」、「赤ちょうちん」、「妹」、「なごり雪」、「賀茂の流れに」など。「神田川」はシングル盤 約200万枚という大ヒット。 第24回NHK紅白歌合戦から出演依頼を受けるが、歌詞の変更をめぐって出演拒否。

「風」のメンバーは伊勢正三と、大久保一久。 代表曲は「22歳の別れ」、「あの唄はもう歌わないのですか」、「ささやかな人生」。 「22歳の別れ」はオリコンチャート1位となるヒットでした。

1979年以降ソロ活動に入り、最近では伊勢、太田裕美大野真澄の3人の「なごみーず、南こうせつとの新ユニット「ひめ風」としても、ライブ活動を行っている。

ライブのコロナ対策

伊勢さんのバースディライブは、毎年、東京のかつしかシンフォニーヒルズで開催されています。今年は69歳のバースディなんですね。

かつしかシンフォニーヒル

〒124-0012 東京都葛飾区立石六丁目33番1号 TEL: 03-5670-2222  FAX: 03-5698-1546 京成線青砥駅下車徒歩5分

かつしかシンフォニーヒルズの案内地図(Google Map)です。 モーツァルトホールは本館2階、アイリスホールは本館地下1階にございます。

f:id:tokinokaseki:20201115014524j:plain
かつしかシンフォニーヒルズ外観

f:id:tokinokaseki:20201115014555j:plain
エントランスからホール(2F)に向かう階段

f:id:tokinokaseki:20201115014623j:plain
ポスターと会場案内

このライブでは、下記の新型コロナウィルスの対策が行われていました。コロナの流行後、初めてのライブ参加でしたので、とても興味がありました。

会場側の情報では、入場制限をしていないということでしたが、仕切りの設置できない2階席ではソーシャルディスタンスを確保する座席となっていました。そして、感染者がいた場合、発生した場合に備えて、追跡ができるよう参加者の連絡先も把握しています。

新型コロナウィルス対策

  • 入り口で検温、手の消毒
  • チケットの裏に氏名と連絡先を記入
  • 1階席は入場制限はなく、100%キャパで実施
  • マスク着用
  • 2階席、バルコニー席はソーシャルディスタンスを取って配置
  • 座席間に、ビニール製の仕切りを設置
  • スタンドアップ禁止、歌うの禁止
  • ロービー内でのソーシャルディスタンスの確保、会話の禁止
  • ソーシャルディスタンスを確保しながら、ホール係員の案内で順次退場

f:id:tokinokaseki:20201115014705j:plain
連絡機の記入、入り口での検温

f:id:tokinokaseki:20201115014727j:plain
ショップ販売も控えめ

f:id:tokinokaseki:20201115014852j:plain
会場に節されたビニール製仕切り板



ライブの感想

1年ぶりのライブ参加でした。1年前の伊勢正三BIRTHDAY LIVEが、ビフォア コロナの最後だったのです。BIRTHDAY LIVEへの参加は4回目ですが、今年もなんとか開催できて良かったですね。

ステージに登場した伊勢正三さんは、まず、満席の会場を見ながら、ゆっくりとステージの左から右へと移動。それから喜びを 噛み締めた表情をして、深々と頭を下げました。この表情を見ただけで胸が一杯になりました。今日はここに来て良かったと思いました。

そして、そのままライブをスタート。ご参考までに、下にセットリスト(笑)を載せました。このライブでは、25曲を演奏してくれました。彼はあまり話が得意ではないので、いつも淡々とたくさんの曲を演奏してくれるのです、MCばかりで、今日はもう何曲歌ったという、アーティストは大違いです。

伊勢さんの最初のMCは、リスクがあるのに来てくれた会場のファンへのお礼でした。そして8ヶ月半ぶりにライブを再開できる喜びを話してくれました。

続けて、久しぶりだから、勘が戻らない、ギターを引くと指が痛い、といって会場を笑わせました。また、会場のマスクの皆さんは、若い頃にはさぞ美しかったでしょうと、お約束のお上手も忘れていなかった。

彼のライブは柔らかく、温かいのです。そして、本当に音楽が楽しいという雰囲気が伝わって来るのです。

この日の、演奏者は下の凄腕のミュージシャンの皆さんでした。というか、このライブではここ数年、同じメンバーですけどね。みんな、めちゃくちゃ上手い人たちです。それから正やんのアコースティックギターもすごい腕前。

 サックス・フルート・パーカッション:春名正治さん、ギター、マンドリン岩井真一さん、キーボード:細井豊さん


彼のライブに参加すると、毎回そうなるのですが、途中から陶然(とうぜん)とした気分になるのです。美しい音楽に囲まれて、夢見心地のような気分になるのです。

今日は、11曲目の「ほんの短い夏」あたりから、そんな気分になりました。他のアーティストのライブでは、中々こうはならない。彼の創る音楽と波長が合うのでしょうね。

それからの「NEVER」から「なごり雪」までの音楽は、最高にエモーショナルで美しかった。ボーカルも、演奏も最高だった。そして、気づくと伊勢さんが頭を下げていました。ひととおりのライブが終わったのです。

続けて、アンコール。今回のライブでは6曲を歌ってくれました。このライブでは、いつも3回のアンコールに応えてくれます。最後はギター一本で歌うのです。今日の最後の曲は「終わりのない唄」でした。

短い曲ですが、これが、伊勢正三さんの偽りのない気持ちを表しているのでしょう。良いライブだった。正やん、また来年もこのライブに来るよ。

「終わりのない唄」

今日まで悲しいこともあったし
ときには腹をかかえて笑った
そして何度か唄うことが
とても苦しいものだと思った

それでも僕は唄ってゆきたい
誰かが聞いていてくれる限り
たとえばそれが旅で知り合った
一人の少女だとしても

f:id:tokinokaseki:20201115014952j:plain
伊勢正三 BIRTHDAY LIVE 2020 

引用:かつしかシンフォニーヒルズ https://www.kmil.gr.jp/program/symphony/2020/1114.html

セットリスト

記録してきたセットリストです。残念ながら、風の時代の曲は、あまり聴いていないので、最初の2曲は会場では、何の曲か分からなかった(汗)。かぐや姫、風時代〜ソロ、最新アルバムまで名曲ぞろいです。

Twitterから眠 狂四郎 様 (twitter.com/ @kurarin0313)から情報を頂き、セットリスト修正しました。1〜2のほか、数カ所記載が違っていました(汗)。ご連絡、感謝致します。

セットリスト 伊勢正三 BIRTHDAY LIVE 2020  2020年11月14日

  1. 時の流れ
  2. 地平線の見える街
  3. 汐風
  4. あの唄はもう歌わないのですか
  5. 置手紙
  6. 湘南夏
  7. 雨の物語
  8. 海岸通
  9. 星空
  10. 冬京
  11. ほんの短い夏
  12. NEVER
  13. 冬の恋
  14. 小さな約束
  15. 22才の別れ
  16. 通り雨
  17. 月が射す夜
  18. レミングの街
  19. なごり雪

アンコール

  1. ペテン師
  2. 海風
  3. ささやかなこの人生
  4. 君と歩いた青春
  5. 涙憶
  6. 終わりのない唄

今回のセットリストのほとんどの名曲がアルバム、伊勢正三『All Time Best』に入っています。よろしればぜひ。

アルバム公式トレーラー www.youtube.com

あとがき

1年ぶりに伊勢正三さんのライブに参加ができて、とても良い一日でした。 あらためて、伊勢正三というアーティストのすばらしいさ、音楽の楽しさを心から味わうことができました。

伊勢さんは、多くのファンがライブに参加してくれたことへの喜び、ライブを再開できる喜びに溢れていました。本当に楽しそうに歌い演奏をしていました。感動的なライブでした。

今回は踊れない、歌えない、声を出せない ライブでしたが、聴衆全員がルールを守って行われました。静かに拍手をしていました。

音楽はすばらしい。このライブに参加して心の底から感じました。音楽は必要だ。

日本国内では、このところ、新型コロナウィルス感染が急増してきています。とても心配な状況です。
これ以上、感染が広がらないように、このままライブ音楽が続けられますように祈ります。

本ブログの記載間違いについて、はてなID:tsukitaro 様、眠 狂四郎 様 (twitter.com/ @kurarin0313)から、ご連絡を頂き、記事を修正しました。この場を借りてお礼申し上げます。

今日もこのブログを訪問いただき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

ShinSha

ブログ村、60代部門にエントリーしました。 お手数ですが、一番下のバナー⇩⇩⇩ をプチッとクリックして頂くと大変嬉しいです 🙇‍♂️