時の化石

ブログ「時の化石」は、アート、ミュージック、ライフハックなどを中心に数々の楽しい話題を提供します。

パット・メセニー『シークレット・ストーリー』1992年。稀代のギタリスト、メセニーの魂を揺さぶる最高傑作。

どーも、ShinShaです。
今日も蒸し暑い一日でした。このところ、インプットが足らないので、ブログネタ倉庫は空っぽです。今日は、仕事の合間に、ブログ取材に行ってきました。また、少し前から食堂レポートの準備を始めました。学生街の食堂のランチを食べるのは、かなりキツくて、逡巡してました。しかし、食レポを楽しんで頂ける人がいらっしゃるかもしれませんので、意を決して再開しました。

先週末から、たくさんの皆さんに読者登録して頂きました。誠にありがとうございます。まだ、対応が追いついておりませんが、皆様のブログにも必ず訪問させて頂きます。本当に、ありがとうございます。

さて、今日は、ジャズ・ギタリスト パット・メセニーの大傑作『シークレット・ストーリー』をご紹介します。このアルバムは、ギターミュージックが好きな人にはすごく有名です。ぜひ、多くの人に知って頂きたい美しい作品です。

急ぐ人はYouTubeの動画だけでも見てください。本当に素晴らしい曲なんです。

パット・メセニーについて

パットメセニーについてWwikipediaから引用しました。

1954年8月12日、ミズーリ州リーズ・サミット生まれ。13歳でギターを独学で始める。
1972年、ゲイリー・バートンのコンサートの際、メセニーは彼の楽屋に行き、自身の演奏を披露しバートンのグループの加入を願う。バートンはメセニーの実力を認め、彼の推薦により18歳でバークリー音楽大学の講師を務めた。
1974年、ゲイリー・バートンのアルバム『リング』でレコーディング・デビュー。
1975年にジャコ・パストリアスを迎えて発表した初リーダー作『ブライト・サイズ・ライフ』をECMで発表しソロ・キャリアをスタートさせた。
1977年にバートンのグループを離れセカンド・アルバム『ウォーターカラーズ』を発表。キーボディストのライル・メイズらとパット・メセニー・グループを結成、1978年に『パット・メセニー・グループ』を発表。以後『アメリカン・ガレージ』(1979年)、『オフランプ)』(1981年)、『ファースト・サークル』(1984年)を発表する。
(略)

18歳でバークリー音楽大学の講師とは、メセニーやはり天才なのですね。

僕は、メセニーを90年くらいから聴き始めて、彼のアルバムをほとんど聴いています。彼はたくさん作品を出していますが、いいアルバムがいっぱいあります。僕は、メセニーだけで、ブログ10以上、書けると思います。困った時にまた書きましょう。(笑)

今日は、その中から、選りすぐりの一枚を紹介致します。

f:id:tokinokaseki:20201021144828j:plain
"Pat Metheny - Firenze - 16/03/2010" by Riccardo A. is licensed under CC BY 2.0

『Secret Story / シークレット・ストーリー』

[DISC1]01.Above the Treetops / アバヴ・ザ・トゥリートップス 02.Facing West / フェイシング・ウエスト 03.Cathedral in a Suitcase / カシードラル・イン・ア・スーツケース 04.Finding and Believing / ファインディング・アンド・ビリーヴィング 05.The Longest Summer / ザ・ロンゲスト・サマー 06.Sunlight / サンライト 07.Rain River / レイン・リヴァー 08.Always and Forever / オールウェイズ・アンド・フォーエヴァー 09.See the World / シー・ザ・ワールド 10.As a Flower Blossoms (I Am Running to You) / アズ・ア・フラワー・ブロッサムズ 11.Antonia / アントニア 12.The Truth Will Always Be / ザ・トゥルース・ウィル・オールウェイズ・ビ 13.Tell Her You Saw Me / テル・ハー・ユー・ソー・ミー 14.Not to Be Forgotten (Our Final Hour) / ノット・トゥ・ビー・フォーガトゥン
[DISC2]01.Back In Time / バック・イン・タイム 02.Look Ahead (F Csus) / ルック・アヘッド 03.Understanding / アンダースタンディング 04.A Change In Circumstance / ア・チェンジ・イン・サーカムスタンス 05.Et Si C'etait La Fin (As If It Were The End) / アズ・イフ・イット・ワー・ジ・エンド

f:id:tokinokaseki:20200728212135j:plain
『Secret Story / シークレット・ストーリー』1992年

このアルバムは、 1992年に発表されたグラミー獲得作品。プレイヤーとして、チャーリー・ヘイデン、ナナ・ヴァスコンセロス、トゥーツ・シールマンス、ダニー・ゴットリブ、ライアン・カイザー、スティーヴ・フェローン、ライル・メイズ、そして矢野顕子が参加。矢野顕子、ちょっとだけ「As a Flower Blossoms」の中でボーカルが収録されています。最初に発売された時には、DISC2の曲は入ってなかったです。

僕はこのアルバムはリアルタイムの1992年に購入して聴きました。28年忘れたことがない、大好きな作品です。例によって何曲か感想を書いてみます。

Above the Treetops/ アバヴ・ザ・トゥリートップス

カンボジアにの曲にヒントを得たという、民族的なボーカルから曲はスタートします。すぐにアコースティックなギターが入り込んできます。僕はこのギターの音色、大すきです。この音も頭の中から消えない。美しいメロディが奏でられていきます。素晴らしいアルバムのはじめにふさわしい、美しい曲です。

Antonia / アントニア

アコディオンの演奏から始まる。美しいメロディの曲。アコーディオンとギターが、ヂュエットでメロディを演奏します。ストリングスが入ってきます。そして、曲の半ばから、メセニーのソロが始まります。印象的な美しい演奏です。ちょっとジャズっぽいメセニー節フレーズもあちこち混じっています。そして、再びアコーデイオンが戻ってきてエンディング。ああ、素晴らしいだ。

The Truth Will Always Be / ザ・トゥルース・ウィル・オールウェイズ・ビ

9分に及ぶ大作。すごい名曲です。始めて聴いてから28年間、この曲の素晴らしさが頭の中から消えたことがありません。
マリンバと、ドラムスだけで、曲は始まります。次に、パーカッションとストリングスが、入ってきます。静かで美しいメロディーが、進んでいきます。なんて美しい曲なんだ。開始3分頃から、ブラスが曲に入ってきます。ゆったりした美しいメロディが繰り返し演奏されます。ラベルのボレロみたいに。
曲は進んでいき、メロディの中で、ドラムスの存在が大きくなっていく。4分20秒過ぎからドラムの大きな打音が入ってくる。ゆったりした美しい曲に、どんどん緊張感があふれてくる。
そして、5分44秒、メセニーのギターシンセサイザーが乱入。音楽の全てが、ギターに支配される。メセニーのギターは、歌う、そして激しく鳴く。心が強く揺さぶられ、僕の感情が爆発する。本当にすごい。。。感情移入しすぎて、もうこれ以上は書けない。

曲のタイトルから想像するに、メセニーは、何かへの強い悲しみや怒りを表現したのだろうか。これほどドラマチックな表現は他にはそうそうありません。

YouTubeの動画があったので、貼っておきます。この動画を見てもらえれば、全て分かってもらえると思います。 できるだけボリュームを上げて聴くのがおすすめです。チェックしたら、この動画でもメセニーのギターシンセは5分44秒に演奏がスタートしています。
そして、パットメセニーというミュージシャンも、この動画にはよく表現されていると思います。

『The Truth Will Always Be 』
www.youtube.com

Tell Her You Saw Me / テル・ハー・ユー・ソー・ミー

ドラマチックな前曲に続くカタルシスの曲。美しいストリングスと、ギターの音。心が洗われていく。すごく心地よいメロディ。ずっと聴いていたい。

 まとめ

今日は、パットメセニーの最高傑作、Secret Story / シークレット・ストーリーをご紹介しました。 久しぶりに「The Truth Will Always Be」を4回連続して聴いたので、まだ感情が高ぶっています。やはり、音楽には、無限の力がありますね。

若い皆さんも、ぜひこのアルバムを聴いてみてください。

今日もこのブログを訪問いただき、ありがとうございました。 今日の解説にも偏愛が表れているような気がします。
今後ともよろしくお願いします。
ShinSha