時の化石

ブログ「時の化石」は、アート、ミュージック、ライフハックなどを中心に数々の楽しい話題を提供します。

井上陽水『二色の独楽』1974年 隠れた名曲ぞろいのアルバム

どーも、ShinShaです。
今回は井上陽水の懐かしいアルバムの紹介です。
陽水の作品の中で『二色の独楽』が一番好きです。

本作には「夕立」「二色の独楽」など名曲が数多く入っています。
しかしベスト盤には一曲もエントリーされていない。
だから貴重なんですね。

このアルバム、Apple Musicなどサブスクにも入っています。
ぜひ聴いてみてください。

アルバム「二色の独楽」について

1974年リリース、井上陽水の4枚目のアルバム。
ロンドン録音の後に、本作はLA録音。
彼の才能はレコード会社にも高く評価されていたんですね。
前作「氷の世界」は日本発ミリオンセラーでしたからね。

全曲がロサンゼルスで録音された。
ミュージシャンとして、後に映画『ゴーストバスターズ』で知られるレイ・パーカーJr.、当時ソロデビューして間もないジェシエド・デイヴィスや、フィル・スペクター等のアレンジャーだったジャック・ニッチェも参加している。
引用:wikipedia

日本のレコード売上げ史上空前のヒットを記録した『氷の世界』に続く、1974年10月発表のLA録音アルバム。
本人と安田裕美のギターを除いて、すべてLAのミュージシャンが演奏している。
引用:UNIVERSAL MUSIC https://www.universal-music.co.jp/inoue-yosui/products/upcy-6256/

「二色の独楽」1974年

このアルバムの前の作品が「氷の世界」、この後が「招待状のないショー」。
本作は、陽水がロックスターへと変貌をとげたアルバムです。
何せ「夕立」ですからね(笑)
それほど衝撃的な一曲でした。
きっとこの曲で吹っ切れたのだろう。

このアルバム2018年リマスターです。
どおりで音がすばらしいわけだ。

Apple Music

「夕立」

いやぁ、初めてこの曲聴いた時はぶっ飛びましたね。
当時、田舎の高校生でしたからね。
強烈なロックンロール。

あの「人生が二度あれば」を歌っていた陽水が・・・
陽水はどうしたんだろうと思いました💦

僕はフォークが苦手なので大歓迎だったけど。
この曲、今聞いてもアレンジが最高ですね。
ぜんぜん古くなっていない。

陽水は「氷の世界」で変貌し始めてこの曲で完全脱皮。
ロックスターへと進んでいきます。
なんせ「夕立」ですかね。

この歌詞を読んでると、今の新型コロナの状況と一緒ですね。
歌詞の最後なんか予言みたいだ。
「家に居て黙っているんだ 夏が終わるまで」💦
アーティストのインスピレーションはスゴイからね。
この曲、そういう意味でも名曲ですね。

夕立 そこまで来ている
雷 ゴロゴロ ピカピカ
情け容赦ないみたいだ
誰もが一目散へとどこかえ走る

(略)

計画は全部中止だ
楽しみはみんな忘れろ
嘘じゃないぞ 夕立だぞ
家に居て黙っているんだ 夏が終わるまで
君の事も全部おあずけ Waah・・・ 夕立だ

f:id:tokinokaseki:20210426222143j:plain
Cozumel Thunderstorm
"Cozumel Thunderstorm" by Kurayba is licensed under CC BY-SA 2.0

「ゼンマイじかけのカブト虫」

この曲は名曲ですね。
アコースティックなアレンジがすばらしいです。
ゆうたりしたストリングスも美しいですね。
彼の歌詞は、前作からどんどんシュールになっていきますね。

子供の頃、大事にしていたおもちゃが壊れてしまった。
大事に飼っていた小鳥を逃してしまった。
そんな懐かしい、小さな悲しさを歌った曲。
ため息がでるほどすばらしいです。

カブト虫 こわれた
一緒に楽しく 遊んでいたのに
幸福に糸つけ
ひきずりまわしていて こわれた ム・・・

(略)

青い鳥 逃した
毎日毎日 唄っていたのに
鳥カゴをきれいに 掃除をすている時に逃した ム・・・

君の顔笑った なんにもおかしい事はないのに
君の目がこわれた
ゼンマイじかけのカブトムシみたい ム・・・

「二色の独楽」

この曲の叙情性はすごいです。
なんてことがない歌詞なんだけどね。
胸がどんどん締め付けられくる。
すごく孤独感を感じてきて涙が出てきそうです。

「独楽」というのは、さみしい漢字ですね。
きっとそこからもインスペーションがあったんでしょうね。
何回聴いてもすばらしい。
名曲です。

まわれ まわれ 二色の独楽よ
思い出色 ぬり替えるから
あの娘は ひとり ひとりで泣いた
小さく ひよわな 独楽がある
まわれよ 止まるな いつまでも

f:id:tokinokaseki:20210426222228j:plain
Flower alone

"Flower alone" by @Doug88888 is licensed under CC BY-NC-SA 2.0

「太陽の街」

アルバムの最後を飾る美しいメロディの曲です。
ロサンゼルスの印象を歌った曲でしょう。
多重録音による陽水のボーカルのハーモニーが美しいですね。
LAの風を感じるさわやかな曲。
昔はこういうストレートに明るい曲も書いていたんですね。
心地よいなぁ、ずっと聴いていたい。

はてない空
かげりのない雲
季節の風
鳥は向かい風

はしりぬける
太陽の町を
ころげまわる
光の間を

今回のアルバムには、公式のMVはないので、ほかの曲になりますが公式動画を掲載します。
よろしかったらご覧くださいね。

「夢の中へ」
www.youtube.com

「傘がない」LIVE 50周年記念ライブツアー 2019/10/20 [期間限定]
www.youtube.com

Apple Music おすすめです!

Apple Musicでは、このアルバム全曲サブスクで聴くことができます。
DVD品質のムービーも各種もそろっています。
しかも、3ヶ月無料トライアル付き。
この機会に、ぜひお試しください。

● 利用料金  一般 月額980円 / 学生 月額480円 /ファミリー 月額480円(最大6人)
Appple Music の無料トライアル期間は3ヶ月間。
トライアル期間中解約をすれば、一銭も費用はかかりません。

● 支払い方法
クレジットカード/キャリア決済(電話料金と一緒に支払い)/Itunes ギフトカード/Apple Pay

● 無料トライアル
下のアイコンクリックしてくださいね。

App Icon Apple Music

amazon商品リンク

二色の独楽

二色の独楽

  • アーティスト:井上陽水
  • 発売日: 2006/10/04
  • メディア: CD

あとがき

昔、このアナログ盤を持っていて、実家のステレオで聴いていました。
ステレオがある部屋には、クーラーなんかなかったから夏は汗だくでした💦💦
なつかしいことを思い出しました。

しかし「二色の独楽」「夕立」「ゼンマイじかけのカブト虫」は本当に名曲です。
でも陽水氏はライブでもほとんど歌わないですね。
ぜひ聴いてみてください。

今日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

ShinSha

ブログ村、ライフスタイル部門にエントリーしました。
お手数ですが、下のバナーをプチッとクリックして頂くと大変嬉しいです 🙇‍♂️