時の化石

ブログ「時の化石」は、アート、ミュージック、ライフハックなどを中心に数々の楽しい話題を提供します。

桑田佳祐『孤独の太陽』1994年 苦悩の中から生まれた最高傑作

どーも、ShinShaです。
今回は桑田佳祐のソロアルバムの記事です。

人生の苦悩、サザンの解散、母の死。
悩みの中、ギター1本で自分に向き合った。
「月」「真夜中のダンディ」「JOURNEY」...
生まれたのは最高の音楽でした。

桑田佳祐孤独の太陽』1994

このアルバム制作をめぐるエピソード

桑田佳祐のソロ作品では、本作が一番好きです。
このアルバムには、生身の桑田佳祐が表現されています。

こんな桑田佳祐は聴いたことがなかった。
最高傑作です。

勝手にシンドバッド」「いとしのエリー」は大好きですが、どうも「夏だ!海だ!サザンだ!」路線は好きになれなかった。
彼らはいろいろなテイストのヒット曲を出していましたが、どうもしっくりこなかった。

wikipediaを調べると、こんなことが書いてありました。
桑田さん自身も、ものすごく悩んでいたのですね。

サザンの活動を休止したんだ。
そして、母親が亡くなったこともこのアルバムには大きく影響しているようです。

ソロ第1作『Keisuke Kuwata』から約6年2か月ぶりとなる作品。
本作は桑田自身が「自分はこのままでいいのだろうか」と思ったことから、前年まで続いたサザンオールスターズの活動を一時的に休止して制作に取り掛かり、発表された。

「ギター一本でロックは出来る」をコンセプトに作られ、サザンの楽曲とは対照的な内向的な歌詞とアコースティックサウンドを全面に押し出している。
また、製作期間中であった1994年2月に桑田の母が60歳の若さで亡くなったことも制作に大きな影響を与えた。

f:id:tokinokaseki:20210715094703j:plain
"Jonathan Flies Again"
"Jonathan Flies Again" by halfrain is licensed under CC BY-SA 2.0
スポンサーリンク


孤独の太陽」というタイトルは当時の桑田自身のことで「体温も表情も無いまま世の中を俯瞰で見つめているイメージ」と述べている。

なお、桑田本人はこうしたコンセプトやサウンドでも、根底にあるのはポップスであったと後に著書で述べている。
また、制作当時は母の死も影響して行き場のない気持ちになっていたことや、社会問題などを歌うことに自信を無くしていたことも述べている。

彼は本当に真面目な人ですからね。
この記事から、本当に痛切な悩みを感じていたことが分かります。
また、母親を亡くされたことも辛かったでしょう。

桑田佳祐が悩みの中、ギター1本で自分に向かい合って、創作したアルバムは素晴らしい作品でした。
アーティストとしての真の才能を感じました。

これまでの作品にはなかった陰影、深みを感じる新しい音楽でした。
このアルバムは、彼のその後の人生の大きな転機になったと感じます。

apple music リンク

「月」

アルバムの色彩を映し出した曲です。

色濃い孤独に塗りつぶされた文学的な詞。
本当に悲しい詞ですね。

海も、空も、海も、月に悲しく照らされている
故郷は遠く、道は長く、夢は沈んだ。
身体を寄せる愛する人もここにいない。

こんな桑田佳祐は聴いたことがなかった。
時々思い出しては聴く名曲です。

遠く遠く海へと下る
忍ぶ川のほとりを歩き
果ての街にたどり着くころ
空の色が悲しく見える
振り返る故郷は 遥か遠くなる
柔らかな胸に抱かれてみたい Ah
君を見ました 月見る花に
泣けてきました 嗚呼…

蒼い月が旅路を照らし
長い影に孤独を悟る
人の夢は浮かんで堕ちて
されど赤い陽はまた昇る
啼きながら鳥は何処へ帰るだろう
翔び慣れた夜もひとりじゃ辛い Ah
君と寝ました 他人のままで
惚れていました 嗚呼…

www.youtube.com

f:id:tokinokaseki:20210715095153j:plain
"i love half moon"

"i love half moon" by xalphas is licensed under CC BY-NC-SA 2.0

「真夜中のダンディ」

この曲も、大好きな曲です。
これもサザンの音楽とは、異質なロックンロールです。
カッコいい曲ですね。

歌詞は当時の世相を反映した内容です。
1994年にはジャパン・アズ・ナンバーワンから3年後。
まだまだ、バブルの匂いがまだ残っていた。

地方で家業を継いだ同世代の男を歌った歌詞。
そんなイメージがあります。
カラオケで、何回か歌ったなぁ💦

友は政治と酒におぼれて声を枯らし
俺はしがらみ抱いてあこぎな搾取の中に
生まれたことを口惜んだ時にゃ
背広の中に金銭があふれてた

真夜中のダンディーダンディー
風が吹いている
悲しみのダンディーダンディー
同じ顔の Brother・・・
追い風にあおられて
嗚呼 逃げてゆく

www.youtube.com

「すべての歌に懺悔しな」

発売当時、この曲は「長○剛」を皮肉ったものだと噂されていました。
ミュージシャン仲間から聞こえてくる、その人物の行状が許せなかったのでしょう。
驚くような毒を含んだ歌詞です。

wikipediaにこんな記載がありました。
へえ、記者会見までしたんだ。
知らんかった...

収録曲の「すべての歌に懺悔しな!!」の歌詞が長渕剛矢沢永吉を揶揄していると決めつけられマスコミなどで話題になり、桑田は記者会見を開き報道を否定し釈明する事態となった。

矢沢は桑田を気遣う対応をしたが、長渕は桑田を糾弾する発言をし、最終的に1995年1月24日に長渕が大麻取締法違反で逮捕されて、事態が一気に沈静化するまで論争が続いた。

これもまったく新しい桑田佳祐の一面でした。
僕も「長○剛」は好きでないので、意味が完全には分かりません。
こういう曲も、立派なロックンロールに仕上げているのがさすがですね。

道化も道化
ウンザリするような
生き様シャウトすりゃ
小粋な仮面でどこかでパクった
小言を連呼する

子供の頃から貧乏で
そのうえ気さくな努力家で
実はすべてが嘘なのに
芝居のセンスにゃたけている

天才奇才とおだてりゃ
エテ公はいつでも木に登る
儲かる話とクスリにゃ目が無い
バカヤロ様がいる

チンチン電車は走るけど
青春時代は帰らない
TVにゃ出ないと言ったのに
ドラマの主役にゃ燃えている

今は君のために飲もう
僕も風と共に行こう
すべての歌に 懺悔しな!!

「Journey」

アルバム最後の、美しいバラードです。
後に、桑田さんは「月」とこの曲は、母に捧げた曲だと書いています。

お母さんと歩いてきた旅が終わってしまった。
なつかしくて悲しくて、美しいメロディです。

「さよならは永遠の旅」
なんと素敵な歌詞なんだろうか。
胸がいっぱいになってしまった。

寂しくて口ずさむ歌がある
名も知らぬ歌だけど
希望に胸が鳴る

きっと誰かを愛した人はもう知っている
優しさに泣けるのはふとした未来さ
今日もせつなく秋の日差しが遠のいてゆく
さよならは永遠の旅
嗚呼 黄昏の “Good-bye Journey"

とうに忘れた幼き夢はどうなってもいい
あの人に守られて過ごした時代さ
遠い過去だと涙の跡がそう言っている
またひとつ夜が明けて
嗚呼 何処へと “Good-bye Journey"

f:id:tokinokaseki:20210715100402j:plain
"Endless Journey"
"Endless Journey" by h.koppdelaney is licensed under CC BY-ND 2.0

アフィリエイトリンク

Apple Music おすすめです!

Apple Musicでは、桑田さんの全てのアルバムをサブスクで聴くことができます。
DVD品質のムービーも各種もそろっています。
しかも3ヶ月無料トライアル付き。
この機会にお試しください。

● 利用料金  一般 月額980円 / 学生 月額480円 /ファミリー 月額1480円(最大6人まで)
Appple Music の無料トライアル期間は3ヶ月間。
トライアル期間中に解約をすれば、費用は一円もかかりません。

● 支払い方法
クレジットカード/キャリア決済(電話料金と一緒に支払い)/Itunes ギフトカード/Apple Pay

● 無料トライアル
下のアイコンクリックしてくださいね。
Listen on Apple Music

Amazon ミュージックリンク

あとがき

久しぶりにこのアルバムを繰り返し聴きました。
名曲がいっぱい。
間違いなく、桑田佳祐の最高傑作です。

話は変わりますが。前回の伊勢正三ライブの記事を書いた後、集中したい仕事もあってブログから離れていました。
あの記事は、かなり伊勢正三ファン寄りの内容でした。
ライブの最初のレポートは、大きなアクセスがあるのです。

久しぶりにGoogle アナリティクスのグラフを楽しみました。
読者の皆様にもお付き合いいただき、ありがとうございました。

今日も最後までブログを読んでいただき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

ShinSha

ブログ村、ライフスタイル部門にエントリーしました。
お手数ですが、下のバナーをプチッとクリックして頂くと大変嬉しいです 🙇‍♂️