時の化石

ブログ「時の化石」は、アート、ミュージック、ライフハックなどを中心に数々の楽しい話題を提供します。

北斎作「富士越龍図」は天才絵師からの最後のメッセージだ 

f:id:tokinokaseki:20200613175148j:plain
葛飾北斎作「富士越龍図」 https://media.thisisgallery.com/works/hokusai_09

どーも、ShinShaです。
二つ目のブログで取り上げるのは、葛飾北斎作「富士越龍図」です。
この絵は、葛飾北斎の絶筆ともいわれる絵です。
また絶筆なのか!という声が聞こえてきます。
そろそろ、お前の死期も近づいているって?
このところの暑さで、ぐったりですが、まだ大丈夫と思います。

この絵と私が出会ったのは、信州小布施 北斎館です。
20年くらい前、2−3回、実物を観てます。
大好きになったので、お土産に複製画を買って家に置いてました。
北斎らしいシンプルな構図の富士の絵ですが、龍の描写が只者ではないのです。

今回ブログ2作目を書くにあたって、改めてこの絵をじっくり眺めてみました。
そして、北斎の最後のメッセージを解明できた気がします。
しかし、このブログのタイトル、さえないなぁー。(笑)

絵の解説

信州小布施 北斎館の解説をご紹介します。(一部記述を追加しています。)

制作年 1849年
素材/技法 絹本着色 (肉筆画) 95.5cm x 36.2cm
制作場所 不明
所蔵美術館 信州小布施 北斎

<絵の説明>
北斎晩年の肉筆画の代表作の一つ。
雄大な富士峰を超えて、龍が昇天する図柄である。
全体に墨絵の筆致で描かれ、北斎独特の幾何学的山容の富士、黒雲を呼び伴い昇天する龍に自らをなぞられる北斎最晩年の心象とみることも可能な一幅である。
この幅、落款に出生の宝暦十年とともに、嘉永二己酉年正月辰ノ日と記されており、絶筆に極めて近い制作になるものとしても注目される。
「富士越龍図」は北斎が死の3ヶ月ほど前に描いた肉筆画で、これが北斎最後の作品か、あるいはそれに極めて近いものと考えられます。
全体が墨絵の筆づかいで描かれており、富士の三角の形を前方に投影した北斎らしい構図で、富士の背後には黒雲が立ち上り、その中に小さく龍が描かれています。
最期の作品ということもあり、この龍は北斎が自分の姿を見立てたものだとする説が有力で、死を悟った北斎が富士の高嶺を目指してまさに昇天しているかのようです。

葛飾北斎の生涯

すみだ美術館webpage、Wikipediaなどを参考に、簡単に北斎の生涯をご紹介します。
北斎は、長い間、第一線で活躍した画家です。
改号30回、転居93回とか、確かに変人ですね。
こういった作家は時代によって様々作風が変化するのが一般的ですね。
北斎の作品はほとんど70歳以降の作品です。
本当にすごい人でした。

  • 1760年 - 1777年 現、東京葛飾に生まれる。 幕府の御用絵師の養子に入り、版木彫りなどの仕事をする。絵を描くことに興味をもち、浮世絵師 勝川春章への弟子入りを決意する。
  • 1778年 - 1794 年 1778年に勝川春章への弟子入り。絵を学びながら、勝川春朗の画号で浮世絵を制作。役者絵や黄表紙といわれた大人向けの絵本の挿絵などを描く。
  • 1794年 - 1804年 勝川派を離脱し、宗理の画号を名乗る。独自の絵画様式を完成させ、狂歌(当時流行した社会風刺や滑稽な内容を盛り込んだ短歌の一種)の世界と関わる。沢山の狂歌絵本の挿絵を描く。
  • 1804年 - 1811年 読本挿絵の制作を精力的に行う。読本挿絵の芸術性を高める。またた、多数の肉筆画を描く。葛飾北斎の画号が登場する。
  • 1812年 - 1829年 門人が増えたため、絵手本の制作に情熱を注ぐ。「ホクサイ・スケッチ」の名で世界的に有名な「北斎漫画」の制作はこの時期に始めらる。この絵は、パリに伝わりゴッホもきっと見てたんですね。
  • 1830年 - 1833年 北斎71歳〜74歳。「冨嶽三十六景」などの風景版画や花鳥画など、有名な錦絵を制作。浮世絵に風景画の分野を確立。洋風の画法、中国の画法を取り入れる。
  • 1834年 - 1849年 卍[まんじ]の画号を用い始めた。肉筆画の制作に傾倒し、題材も風俗画から和漢の故事に則した作品や宗教画等へと大きく変化。小布施にある肉筆画もこの時代のものです。

ここで、冨嶽三十六景」の有名な作品を1枚ご紹介します。

f:id:tokinokaseki:20200613175415j:plain
「冨嶽三十六景」「神奈川沖浪裏」 メトロポリタン美術館パブリックドメインから引用

長野県小布施町

長野県小布施町葛飾北斎の美術館、「信州小布施 北斎館」(1976年開館)があります。
小布施には、高井鴻山というかつての弟子であり、北斎パトロンとなるがいて、 その縁で何回も小布施にきています。
北斎が初めて小布施を訪れのは83歳のことだそうです。すごい!
小布施には祭り屋台の天井絵や岩松院という寺院の天井絵など、数々の肉筆の名画が残されています。

20年ぐらい前、北斎館の関係者から聞いたお話では、
「海外で北斎の美術展が開催された後、世界的な評価が高まり、画商が絵の買い付けのため街に入るようになった。貴重な町の財産の流出を恐れて、北斎感は建てられたと。」とのことでした。
小布施の人たちは、素晴らしい財産をお持ちですね。 北斎は最近でも、海外で大人気のようです。

小布施の名産は栗菓子です。
お酒も信州牛もとても美味しいです。
北斎館を中心にまちづくりがされおり、美しいまちです。
皆さんも、是非、一度訪問されたらいかがでしょうか。

小布施観光文化協会ホームページ
http://www.obusekanko.jp/visit

f:id:tokinokaseki:20200613174419j:plain
岩松院天井絵「八方鳳凰睨み図」写真 小布施観光文化協会ホームページから転載

Shinshaの眼

話を「富士越龍図」に戻します。
この絵は、北斎が90歳の時に描かれました。
死の3ヶ月前です。
しかし、この絵にはどこにも衰えが感じられない。
やはり、北斎はただものではないですね。

ここからは、この絵に対する私の感想を書きますね。
これは冬の富士山の墨絵です。
北斎らしい素晴らしい富士の絵ですね。
縦横のバランスが変ですが、これは龍が天に登る姿を演出するための構図だと思います。
鮮やかな色彩を使いこなした北斎も、最後はこういう墨絵のような静かな絵を描くのですね。

じっくり眺めると、この絵からは不思議な印象を受けます。
墨絵の平板な富士と、龍の描写の仕方がかなり違っているのです。

龍は立体的に、実に精密に描かれている。(素晴らしい!)
この絵の中で、動きがあるのは龍と黒い雲です。
雲の軌跡から、龍は平坦に表現された富士山の正面から背面に、
らせん状に回りながら、天を登っていることが分かります。
2次元の富士山のアニメの中に、実写の龍が入り込んだような表現です。
この表現は、龍が富士山をも超越する存在であることを示しています。
そして、龍はいま絵という世界から出ていこうとしているのですね。

黒雲の軌跡は蛇行し、
龍が最後の力を振り絞って、天を目指しているように見えます。
鋭い爪をもった龍は、痩せてうねうねして、
黒雲に隠れるようにして、力なく天を登っている。
いわゆる、昇竜という勢いは感じません。
これは明らかに、90歳の北斎自身を表現したものでしょう。

以上をまとめると、
北斎はこの絵を通じて、自らの才能と人生とを讃えつつ、「これが最後の絵だ。数々の名画を残してきた、優れた俺の魂は、霊峰富士を超えて天に登るのだ。」と語っている。
これが、ShinShaが考える北斎のメッセージです。

f:id:tokinokaseki:20200613173758j:plain
複製画の拡大図 https://hokusai-kan.com/shop/item/original/1568/

まとめ

久しぶりに、大好きなこの絵と向き合うことができました。
ずいぶん理屈っぽく、書いてしまいましたが あちこち間違っているかもしれません。

これは、あくまでShinSha流の絵の解釈ということでお許しください。

日本画にはあまり詳しくないのですが、北斎の絵はかなり観てきています。
「70歳前に書いた絵は、みなクソだ。」これ、北斎の言葉ですが、
私は全然その境地に達していませんね。 まだまだ、頑張らなければ。。。。。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
こういうブログに、皆さんが関心をもって頂けるでしょうか、不安です。
もし、興味をもっていただければ、大変嬉しいです。
今後ともよろしくお願い致します。