時の化石

ブログ「時の化石」は、アート、ミュージック、ライフハックなどを中心に数々の楽しい話題を提供します。

来年の手帳『ほぼ日手帳day-free』買いました。2021年からページ番号付き!おすすめのボールペンについても紹介します。

どーも、ShinShaです。

来年の手帳、『ほぼ日手帳 2021 手帳本体 day-free カズンサイズ』買いました。 day-free、ついにページ番号が着きました! バレットジャーナル ユーザーは、もう買うしかない!!! 

毎年9月になると、来年の手帳を買う習慣になっています。いつからこうなったのか、思い出せないですが、もう10年くらいは続いている気がします。ほぼ日の糸井重里氏にハメられたのですね(笑)。
じつは糸井さん、先日ご紹介した、みうらじゅんさんの師匠なんですね。みうらじゅんさんが漫画家デビューできたは、糸井氏が雑誌ガロの編集長に「悪い奴じゃないから、使ってあげたら。」(笑)という口添えがあったからなのです。 はい。話を手帳に戻しますね。

ほぼ日手帳 day-freeは2021 は、バレットジャーナルノートに最適

ほぼ日手帳の素晴らしさ

そもそも、昔の手帳というのは、年末に銀行や企業が配る、おじさんやサラリーマンが使う、地味な小さなノートでした。これを、若い人も皆が、使えるおしゃれで、カラフルで、機能的な手帳に変えたのは、ほぼ日の功績です。ほぼ日は、最近では手帳を「ライフブック」と呼んでいます。なるほど、良いネーミングです。

ほぼ日手帳の素晴らしさは、下のとおりです。文具ショップ「ロフト」で、手帳売り上げトップの座を、ずっとキープし続けているのも当然ですね。もう、これ以上のものはできないでしょう。

  • 毎年改良されている手帳デザイン、機能。
  • 手帳のバリエーションが豊富(A6、A5、ウォレットサイズなど約10種類)。
  • カバー、アクセサリーが豊富。カスタマイズを楽しむことができる。
  • 手帳に使っているトモエリバーは、丈夫で軽い。ペンの滑りも最高。
  • 手帳と連動した豊かなインターネット・コンテンツ、コミュニティがある。

下の写真は、付録についてくるパンフレットです。ここにほぼ日手帳の素晴らしさが集約されています。

f:id:tokinokaseki:20200910224634j:plain
ほぼ日手帳2021 つかいかたブック

ほぼ日手帳day-free 2021

ほぼ日手帳day-freeは、ほぼ日手帳オリジナルの、デイリーページがない仕様の製品のことです。この手帳の良いところは下記のとおりです。day-freeにはA5、A6の2サイズの手帳があります。

  • 毎日の記録は自分の好きな分だけ書くことができる。3行書いても、3ページ書いても良い。書かない日があっても、空白はできない。
  • 日にちにしばられず、自由に書くことができる。
  • 月間カレンダー、日々のことばなど、ほぼ日オリジナルの魅力も備えている。デザインはほぼ日手帳と同じ高い品質。
  • ページ番号が付いたので、バレットジャーナル に適する手帳となった。

2021年版のほぼ日手帳day-free、9月1日に発売されました。今年のday-free、ついにナンバード・ノート、つまり、ページ番号付きのノートになりました! バレットジャーナル ユーザーは、もう買うしかないですね。(バレットジャーナルについては、次の項を参照くださいね。) 

じつは、私、ほぼ日手帳day-freeのナンバード化を、新宿丸井の出張展示販売に来ていた社員さんにお願いしました。「上に伝えます。」といってくれました。それから、ブログに書き、Twitterにも書いたのです。Twitter経由で、そのブログ記事は継続的に読まれています。きっと賛同してくれるユーザーさんが、沢山いたのですね。
こういう改良をすばやくやってくれるのが、ほぼ日の良さなのです。

それでは、ほぼ日手帳day-free 2021の写真をご紹介しますね。

f:id:tokinokaseki:20200910224739p:plain
僕が今年購入した製品、左からメモ帳セット、ほぼ日手帳day-free2021、ほぼ日ペーパーズ

f:id:tokinokaseki:20200910224812j:plain
4ヵ月を見開きで一覧できる年間インデックス。バレットジャーナル ではトラッカーとしても使えそうです。

f:id:tokinokaseki:20200910224844j:plain
月間カレンダーページ。余白があるので、バレットジャーナル ではマンスリーログにできる。

f:id:tokinokaseki:20200910224913p:plain
2021年からページ番号が付いた。日々の言葉もあります。

f:id:tokinokaseki:20200910225003j:plain
付録ページ。二十四節気の記事など,便利な付録が付いています。

外国製バレットジャーナル用ノートとの比較

今年始めから、僕は、ノート術バレットジャーナルを使い始めました。(バレットジャーナルについては、次の項を参照くださいね。)バレットジャーナル を使うために、長年使ってきた、ほぼ日手帳に替わって、外国製の高級ノートを使用したのです。

外国製ノートを使って、最初に気付いたのは、まずノートの紙質の差です。使ったノートの紙は、厚くて柔らかいのです。だから、ノートが重い。それから、僕は細字ペンを好むので、ペン先に紙が削れて付着する。当然、書き味は悪い。書き味が悪いってというのは、毎日使うためには大きなマイナスポイントですね。

ほぼ日手帳には。トモエリバーという辞書に使われている用紙が使われています。この紙は、薄くて丈夫で、ペンの滑りも良い、とても優れた紙なんです。この紙を手帳に使っているのは、ほぼ日手帳だけです。

下に、外国製バレットジャーナルノートとの比較表を示しました。いかに、ほぼ日手帳が軽いのか一目瞭然です。

ほぼ日手帳day-freeとバレットジャーナルノートとの比較

製品名 重さ[g] ページ数
ロイヒトトゥルム1917 420 251
ロディアゴールブック 372 224
クオデバイスライフジャーナル 420 -
クオデバイスdor infinity 450 -
ほぼ日手帳 day- free(A5) 230 224

僕は、バレットジャーナル用の外国製バレットジャーナルノートが1冊目終わったところで、ノートをほぼ日手帳day-free2020(A5)に切り替えました。day-freeでバレットジャーナル を始めた。

この時の感想を7月4日のブログに書いています。相当、喜んでますね(笑)。やはり、ほぼ日手帳は最高なんですね。他を使って、改めて素晴らしさを再認識したのでした。

7月1日、ついに、ほぼ日day-freeを使う日が、やってきました。 しばらく前に書いたように、この手帳はバレットジャーナル用ノートしても、数々の魅力があります。 まず、ほぼ日には、あの素晴らしい月間カレンダーがあり、カレンダー周囲にそこそこ余白もある。 定規使っても、どうしてもマスの間隔が変わってしまう、あのマンスリー・ログ ページを自作しなくていい!

ほぼ日手帳day-freeは、軽い、丈夫、書きやすい。おまけに、デザインもいい、カレンダー、付録などのページも充実している。このノート、絶対,外国で売れると思います。

おすすめのノート術『バレット・ジャーナル』

「バレットジャーナル」は、アメリカ人のデジタルプロダクト・デザイナーであるライダー・キャロルさんが開発したノート術です。
「バレットジャーナル」は、手書きノートに関する手法です。それは、「手書き」が、忙しいデジタルから離れて、静かに自分と向き合って、様々な事柄を考えながら書くという、重要な行為となるからです。

僕はネットで「バレットジャーナル」の記事を見つけたとき、直感的に自分が探していたノート術は「これだ!」と思ったのです。そして本を購入して読んだ後には、確信に変わりました。

ライダー・キャロルさんのwebsiteのアドレスは下記です。 このページからバレットジャーナル の基本について学ぶことができます。よかったら、訪問してみてください。また、下に本もご紹介致します。

About - Bullet Journal

バレットジャーナルの素晴らしさは、日々の生活、研究開発、ビジネス、趣味、仕事の計画など、何でも1冊のノートに書くことができる。そして、重要な事項はインデックスを通じて、簡単にアクセスすることができる、という点です。

僕は10年以上、手書きの手帳を使ってきて、一番困っていたのは、仕事に関するひらめきや、ヒント、調べた重要な事などを、手帳とは別のノートに書かなければならない。しかも、それを後から探すことは、結構大変な作業だったからです。

このようなことで、仕事や製品開発上では、手書きはあくまで、デジタルで記録するまでの、メモとして認識していました。しかし、手書きで考えをまとめる、マインドマップを書く、デザインのラフを書くことは、本来はとても重要な作業だと思うのです。また、手書きで書いたノートは貴重な資料となるはずです。 バレットジャナールが、僕の長年の悩みを解決してくたのです。

バレットジャーナルの詳細は、こちらの記事を読んでくださいね。

www.fossiloftime.com

f:id:tokinokaseki:20200910230946j:plain
僕が書いてた外国製バレットジャーナル ノート

ボールペンのおすすめ!

最後に、ほぼ日手帳にぴったりの細字ボールペンをご紹介しますね。

私は、細字ボールペンの偏愛愛好家、過去に2回ほど細字ボールペンの記事を書いていて、割と多くの人に読んでいただきました。詳細は以前の記事を参照くださいね。

www.fossiloftime.com

今回は、おすすめのボールペン3本紹介します。いずれも僕が愛用しているペンです。

  1. ぺんてるエナージェル フィログラフィ。書き味最高の高級ボールペン。
  2. 三菱鉛筆 ユニボール ワン 0.38mm。書き味、発色が素晴らしいペン。
  3. 三菱鉛筆 ジェットストリーム エッジ 0,28mm。究極の細字ボールペン。

 まとめ

はい、今日はほぼ日手帳とボールペンご紹介しました。それから、ノート術バレットジェーナルも。

外国の製品を半年使ってみて、ほぼ日手帳の素晴らしさが分かりました。ちなみに、ほぼ日は、手帳ビジネスをベースにして一昨年上場しました。やっぱり糸井重里さんはただものではない。

毎年、この時期に手帳を買うと、今年が残り少なくなったことに、改めて気がつきます。今年もあと4ヶ月。コロナショックを取り戻せるよう頑張っていきたいです。

今日もこのブログを訪問いただき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

ShinSha

ブログ村、60代部門にエントリーしました。 お手数ですが、一番下のバナー⇩⇩⇩ をプチッとクリックして頂くと大変嬉しいです 🙇‍♂️