時の化石

ブログ「時の化石」は、アート、ミュージック、ライフハックなどを中心に数々の楽しい話題を提供します。

スガシカオの最高傑作『THE LAST』 初めて聴いたときの衝撃を忘れない

ShinShaです。 今回は大好きなスガシカオ『THE LAST』の記事です。 「ふるえる手」「アストライド」... 初めて聴いたときの衝撃と感動が忘れられません。 彼のようなアーティストでも人生に迷う。 そして、その後に生まれたとびきりの作品がこのアルバムです…

ジョンレノン 『ギミ・サム・トゥルース』2020年 あらためてジョンのすごさを感じるベストアルバム

どうもShinShaです。 今回はジョンレノンの生誕80歳を記念アルバムの記事です。 「イマジン」の歌詞を訳してみて彼の先見性と考えの深さに驚きました。 彼が亡くなってから世界は1ミリも進んでいない。 あらためてジョンの偉大さを感じました。 久しぶりに彼…

「フタバサウルス・スズキイ」 日本初の首長竜化石発見の物語 

どーも、ShinShaです。 今回は、実際にあった夢のような物語についてご紹介します。 男の子は子供の頃、だいたい化石とか考古学に夢中になるものです。 かくいう私もそういう少年でした。 アマチュアが日本で最初の首長竜化石を発見。 それが新種生物で、学…

光と闇の天才画家、カラヴァッジョの絵が観たい(2)

どーもShinShaです。 今回は天才画家カラヴァッジョの2回目の記事。 28歳で成功を収めたカラヴァッジョの人生は殺人により暗転します。 そして、ナポリ、マルタ島へ逃走しながら優れた作品を残します。 最後の自画像は自らの首を斬り落とした作品。 どんな心…

大瀧詠一『DEBUT AGAIN』 懐かしくて、最高のセルフカバー集

どーも、ShinShaです。 昨日、電車の中で大瀧詠一さんの音楽を聴いていました。 あまりに素晴らしかったので記事に書きます。 「熱き心に」「風立ちぬ」「探偵物語」・・ このアルバムは、死後発売されたセルフカバー集。 これがすばらしく良いのです。 これ…

関西の重症者数は過去最悪レベル 日本中危険水域 新型コロナ感染状況 2021/04/08

どーも、ShinShaです。 緊急事態宣言開けから、関西も関東もコロナ感染者が増加です。 いつものように、重症者数、死者数増加から、国内のリスクを調べてみました。 また、世界の状況、ワクチンに関する情報もまとめました。 人口あたりの重症者数は 大阪>…

斉藤和義 『20th Anniversary Live 1993-2013 ・・』 デビューからの名曲が入ったお勧めライブアルバム

どーもShinShaです。 今回は斉藤和義デビュー20周年ライブアルバムの記事です。 「歩いて帰ろう」「歌うたいのバラッド」「やさしくなりたい」「ずっと好きだったんだぜ」・・ デビュー以来の名曲が全部入っています。 彼は、今の時代にすごくフィットしたア…

ツィッターぼちぼちやってます(4) フォロワー様500名超えました

どーも、ShinShaです。 その後も、ツィッターぼちぼちやっています。 昨夜、フォロワー様の数が500名を超えました。 最近はコツが分かったため、急ピッチでフォロワー様が増加中。 特にめでたいことはないのですが、キリのよい数字なので記事を書くことにし…

時々、ユーミンのなつかしいあの歌を無性に聴きたくなる 『日本の恋と、ユーミンと。』

どーも、ShinShaです。 今日はユーミンのデビュー40周年ベストアルバムの記事です。 コアのファンではなかったけれど、ずっと彼女の曲を聴いてきました。 「春よ来い」「守ってあげたい」「ひこうき雲」・・・ 彼女はそれだけヒットを飛ばしてたからね。 こ…

光と闇の天才画家、カラヴァッジョの絵が観たい

どーも、ShinShaです。 楽しみにしていた「カラヴァッジョ《キリストの埋葬》展」、新型コロナの影響で中止になってしまいました。 仕方がないので、今回ブログに書くことにしました。 カラヴァッジョは、最近、とても興味をもっている画家の一人なのです。 …

春の二子玉川〜多摩川散歩風景 2021年4月1日

どーも、ShinShaです。 昨日、久しぶりに多摩川に散歩に行ってきました。 多摩川堤防沿いにある桜は、都内より少し開花が遅いのです。 まだ残っているかなぁと行ったらセーフでした。 今年も多摩川のお花見を楽しむことができました。 今回は文章少なめ。 多…

竹村俊助著『書くのがしんどい』(3) 書くことの習慣化、そしてどんなブログを目指すか

どーもShiShaです。 竹村俊助著『書くのがしんどい』から3回目の記事です。 今回は「どうしたら書くことを続けられか」というテーマです。 僕はいまだに毎日書くことがしんどいです。 だから3回も記事を書くことになったわけです 書くことの習慣づけと書く目…