時の化石

ブログ「時の化石」は、アート、ミュージック、ライフハックなどを中心に数々の楽しい話題を提供します。

サイエンス

新型コロナウィルス 感染状況210514 大阪はまだ最悪のピークの中。福岡・北海道、日本中要注意です。

どーも、ShinShaです。 10日ぶりに新型コロナ関連記事を書きます。 最近のニュースは全国各地の厳しい状況を伝えており、データを調べたいと思ったのです。 大阪はまだ感染のピークにあり死者が急増しています。 その他の地域では、福岡県、北海道、愛知県な…

大人の科学(4) ウィルスとは何か

どーも、ShinShaです。 大人の科学4回目はウィルスに関する記事です。 新型コロナウィルスの世界の感染者は1億6000万人、死者347万人 。 ウィルスはタンパク質の殻の中にRNA(DNA)が入っているだけ。 呼吸もしないし自分で増殖もしない。 そんなモノがなぜ…

新型コロナウィルス 感染状況210504 大阪は医療支援が必要なレベルだ

どーも、ShinShaです。 約10日ぶりに新型コロナ関連記事を書きます。 テレビでも報道されていますが、大阪が本当に心配です。 今回は国内新型コロナ感染状況の最新情報です。 児玉龍彦氏の最新動画も掲載しました。 大阪の入院者数は1月ピークの3倍、重症者…

大人の科学(2) DNAとは何か? DNA発見の感動の物語

どーも、ShinShaです。 大人の科学シリーズ第2回目はDNAがテーマ。 DNAはデオキシリボ核酸の略称、生物の設計図です。 今回はDNAとDNA発見の感動の物語をご紹介です。 このへんの情報は新型コロナの感染拡大で必須の知識となりましたね。 DNAの仕組みを知る…

新型コロナウィルス 感染状況210424 関西は本当に深刻、日本中厳重注意

どーも、ShinShaです。 約2週間ぶりにコロナの記事を書きます。 札幌医科大webデータを詳細に見ました。 大阪の人口あたり入院者数は東京の4倍、重症者数は12倍。 関西は本当に深刻な状況です。 また、死者、重症者は日本各地で増加中です。 皆さん、過去最…

大人の科学(1) 「コペルニクス的転回」について調べてみたら感動の物語があった

どうも、ShinShaです。 今回は、「コペ転」「コペルニクス的転回」について、科学史を調べてみました。 この言葉を言い出したのが、哲学者カントだなんて知りませんでした。 コペルニクスは一世一代の大作を手に取る前に息を引き取った。 調べてみると、知ら…

「フタバサウルス・スズキイ」 日本初の首長竜化石発見の物語 

どーも、ShinShaです。 今回は、実際にあった夢のような物語についてご紹介します。 男の子は子供の頃、だいたい化石とか考古学に夢中になるものです。 かくいう私もそういう少年でした。 アマチュアが日本で最初の首長竜化石を発見。 それが新種生物で、学…

関西の重症者数は過去最悪レベル 日本中危険水域 新型コロナ感染状況 2021/04/08

どーも、ShinShaです。 緊急事態宣言開けから、関西も関東もコロナ感染者が増加です。 いつものように、重症者数、死者数増加から、国内のリスクを調べてみました。 また、世界の状況、ワクチンに関する情報もまとめました。 人口あたりの重症者数は 大阪>…

首都圏緊急事態宣言解除 現在の感染状況は? 世界のワクチンの動きは? 2021/3/21

どーも、ShinShaです。 首都圏は、本日で緊急事態宣言解除。 人口あたりの重症者、1週間の死者数から現在のリスクを調べました。 驚いたのは、現在の人口あたりの死者数トップは福島県。 また、兵庫県などでは宣言解除後に重症者が急増中。 すごく気になる…

東日本大震災10年で考えたこと 復旧、復興より新しい希望を

あらためて、震災で亡くなられた方々とその御遺族に対し哀悼の意を表します。 確認された死者・行方不明者は1万8000人以上。 あってはならない大災害でした。 何かの縁で、震災と関係がある仕事をするようになり、2012年から宮城県、福島県を度々訪問するこ…

新型コロナ感染状況 2021/2/16 まだ重症者数はピークの80% ゆるんではいけません

どーも、ShinShaです。 2回目の緊急事態宣言発令から40日。 行政発表の毎日の新規感染者数は、大きく減少。 しかし、感染の実態はどうのなのか。 全国の重症者数、死者数のデータを詳しく見ました。 重症数はピークを抜けましたが最大値の80%程度のレベル。…

新型コロナ感染状況 2021/2/5 まだ回復にはほど遠い

どーも、ShinShaです。 2回目の緊急事態宣言発令から約1ヶ月。 マスコミが発表する毎日の新規感染者数は減ってきています。 しかし実態はどうなのか。 全国の死者、重傷者のデータを詳しく見ました。 結果をまとめると、死亡者数は東京・神奈川で倍増、 重…

新型コロナウィルス感染状況 2021/1/25 大阪の感染状況は心配

どーも、ShinShaです。 最新データを見ると和歌山県、香川県などの感染状況が厳しいですね。 全国に感染が広がっている様子が見られます。 そのような状況なので時々レポート記事を書きたいと思います。 この記事が、読まれた皆さんのリスク管理、健康維持に…

新型コロナウィルス 感染のデータを読む 意味があるデータは死者数、重症者数。。。ぐらいかな

どーも、ShinShaです。 今回は新型コロナウィルス に関する記事です。マスコミから毎日新型コロナウィルス のデータが発表されています。一向に止まらない感染拡大。毎日数字を見てため息がでます。 この記事では新型コロナウィルス の感染データについて考…

福岡伸一著『ルリボシカミキリの青』 続「コラーゲン食品問題」と「なぜ男は隠すのか」について

どーも、ShinShaです。 この本は「なぜ太るのか」「コラーゲンの正体」「そばVSうどん」など、誰しも興味があるテーマについて、分子生物学者の筆者が書いた楽しくタメになるエッセイ集です。 今回は本書の中から、科学的根拠がないのにコラーゲン食品が効い…

Y染色体の6万年の旅 福岡伸一著『できそこないの男たち』を読む

どーも、ShinShaです。 今回はY染色体の旅に関する記事です。女性の使い走りである男は、アフリカを出て世界中を旅しました。そして男たちが、再び落ち合った特別な場所が日本だったのです。 先日、当ブログでは福岡伸一著『できそこないの男たち』をご紹介…

福岡伸一著『できそこないの男たち』を読んで やっぱそうなんだな 認めるしかないよなぁ

どーもSinShaです。 今回の記事は、福岡伸一著『できそこないの男たち』のご紹介です。「草食系男子の生き方は至極当然。肉食系女子の生態にもうなずける。」 この本の帯の文章がとても気になります。 帯の言葉はどういう意味なんでしょうか?興味がわいてき…

飲料水について考えてみた どう考えても日本でミネルウォーターを飲むメリットはない

どーも、ShinShaです。 今日は飲料水のお話です。最近、ミネラルウォータが、ずいぶん売れているようですね。水道水ってそんなにまずいのかな? 今回は科学的に飲料水について考えてみました。 この10年で、ミネラルウォーター の市場は2倍になっています。…

福岡伸一著『生物と無生物のあいだ』 DNA構造の発見、PCRの発明 そこには絶望と夢のドラマがあった

どーも、ShinShaです。 今回は福岡伸一さんのベストセラー『生物と無生物のあいだ』の記事です。最近、新型コロナウィルスの感染が拡大してきています。こんな時だからこそ、DNAやPCRについて勉強してみませんか。 今回は『生物と無生物のあいだ』を読みなが…

福岡伸一著 『新版 動的平衡』 人間と進化する細菌・ウィルスとの絶望的なイタチゴッコの闘い 

どーも、ShinShaです。 今日は、福岡伸一著『新版 動的平衡』から2回目の記事です。今回は、病気の原因となる細菌、ウィルスに関する情報にスポットをあてて、『新版 動的平衡』の内容をご紹介します。 このところ、ヨーロッパ、アメリカの新型コロナウィル…

磯田道史著 『感染症の日本史』 江戸時代の人々の知恵に感動し、そして感染症の真の恐ろしさを知る

どーも、ShinShaです。 今回のブログでは磯田道史著『感染症の日本史』をご紹介します。江戸時代の人々は「給付金」も「出社制限」も「ソーシャル・ディスタンス」も考案していた。 新型コロナウイルスの感染被害がある、今だからこそ、歴史を見つめ直す意義…

福岡伸一著 『新版 動的平衡』を読みながら 生命の本質を知れば知るほど、なぞは深まっていく

どーも、ShinShaです。 今日は、福岡伸一著『新版 動的平衡』をご紹介します。この本は、生物学が解明した驚異的な生命のしくみを、分かりやすく説明しています。さらに、IPS細胞や健康食品に関する科学的な知識も得ることができます。これは、読まなければ…

久しぶりの福島出張でした 福島の魅力と復興について考えたこと

どーも、ShinShaです。 7ヶ月ぶりに福島に出張に行ってきました。来年行う予定のプロジェクトの打ち合わせです。久しぶりに行った福島県、とても懐かしかったです。お寿司屋さんで食べた魚も、日本酒も最高でした。今日は、福島県の魅力、復興と未来への希…

前野 ウルド 浩太郎 著『バッタを倒しにアフリカに』 無収入でも研究を続ける不退転の決意に世界は回り始めた(虫の写真あり)

どーも ShinShaです。 今回のブログは、前野 ウルド 浩太郎 著『バッタを倒しにアフリカに』の2回目の記事。一大決心して「サバクトビバッタ」研究のためモーリタに渡ったが、大かんばつでバッタはいなくなってしまった。その後の前野さんの挑戦はどうなっ…

前野 ウルド 浩太郎 著『バッタを倒しにアフリカに』 笑ってはいけない バッタ博士のアフリカ大冒険 (虫の写真あり)

どーも ShinShaです。 今日は、前野 ウルド 浩太郎 著『バッタを倒しにアフリカに』をご紹介します。この本、子供の頃からの大の虫好きが、バッタ博士になって、アフリカに「バッタに食べられたい」という夢を実現しに行くお話です。背後には、日本社会の複…